忍者ブログ
Still More -スティルモア- の わがままボーカリスト『yaz』のお気楽なブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


私が小さい頃から、
母は私と弟を連れてよく大阪の伯母の家へ行っていた。
その滞在期間は、二、三日とかではなく
一週間を超える様に記憶している。

母が末っ子と言う事もあり、
私はこの伯母にも本当に可愛がってもらった。

夕方になると、伯母と一緒に近くの市場に出かける
そして、肉屋さんの揚げたてコロッケを買ってもらって
二人で食べながら帰ったのを今でもよく覚えている。

小さな私の手を引いて通った市場までの道は今も忘れない。

時は過ぎ去り、身長180cmの私が小さくなった伯母の手を引いている。

立場が大きく変ってしまった。

伯母が言う、

『どうして、妹の方が先に逝くんやろうなぁ・・・』
『順番通り、私が先逝ってたらどんなによかったろうに・・・』
『神様になんぼ、そんなに言うたか、わかりゃあせんよ・・・』

私は
『僕らには解らん、人にとってそれぞれ必要な事があるんよ・・・』
と答えるしかなかったが、ふと気が付いた。

もし、伯母が先に逝っていたら、
おそらくは、大阪でなくなっている筈である。
妹が亡くなって、一周忌を故郷でしなければ
帰ってくることもなかったのである。

死ぬまでにもう一度故郷を・・・と誰もが思うであろうが、
遠く故郷を後にして
80歳を過ぎてしみじみと幼き頃から振り返る時間を得られる人が
どれだけいるのだろうか・・・
伯母にとっては珠玉の時間であったのであろう。

私の心は感謝の涙で溢れたのは言うまでもない。

171ee370.JPG









左-母 右-伯母 

六人いた兄弟姉妹も、もう二人だけである。
出来る事ならこのままずっと・・・と思うがそれは叶わない。
少しでも・・・と願うばかりである。



『やっくん、故郷はええなぁ・・・』

伯母の声が心に残る・・・。

拍手[1回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
丸森町
私の母のふるさとは 宮城県の山奥です
遠方ということもあり 私は 二度しか 行った事がありません
本物の“天の川”を 初めて見た時は 本当に感動しました 無数の星達の成す 天を流れる川
母はこちらに嫁いでから 数える程しか ふるさとには帰ってないはずです
知らない土地で 私を育て上げ たくましく生きて来た母です
安心させてあげなければいけないのに 心配ばかりかけている私… 私を含め一家丸ごとですが
嬉しい出来事もあります 12月には 初ひ孫がうまれます
“一度行かんといけんねぇ” と言う母と 娘の住む愛知に “行かなくちゃ”と思う私です
いまだに心配ばかりかけている私の 親孝行かな
みぃ 2009/09/22(Tue)16:43: 編集
みぃさん
思ったときは行動してください。
それが後悔しない秘訣です。

前にも書きましたが、思ってるだけでは・・・

やはり『愛』には行動が伴うのですよ。
yaz 2009/09/23(Wed)00:49: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[49] [47] [46] [45] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/30 yaz]
[05/10 nana]
[04/03 yaz]
[04/01 nana]
[03/21 yaz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
yaz
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/02/18
趣味:
音楽
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]