忍者ブログ
Still More -スティルモア- の わがままボーカリスト『yaz』のお気楽なブログです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


突然、姉(正確には親戚)からCDが送られてきました。

入っていたのはEPOさんの『TRAVESSIA』

EPOさんと言えば、

『DOWN TOWN』『土曜の夜はパラダイス』
といった、俺たちひょうきん族に関するテーマ曲と
『う・ふ・ふ・ふ』の曲位しか記憶になかったのですが、

聞いてみると、懐かしさを感じ、
少し胸がきゅんとする感じの曲が多いではないですか。

これは中々と思った曲の中から、

『音楽のような風』



80年代らしい音使いも中々良いです。ウッシッシ


季節が冬なら『12月のエイプリルフール』を載せたかも…

拍手[1回]

PR

人によって好みの曲やジャンルはそれぞれです。

私が高校3年の時友達にボーカルとして誘われたバンドでコピーしたのは
甲斐バンド・ディープパープル・レインボー、そして当時流行った松山千春の『長い夜』でした。

実は私には4才違いの弟がいます。
そして、彼も高校時代バンドを組んでいて、ボーカルをやっていました。

当時の私の記憶では彼の方が歌が上手かった様に思います。
バンドも全体的に彼らの方がまとまっていたような気がしました。

当時、彼らのコピーしていたのは、
ハウンドドッグ・THE MODS・吉川晃司等でした。

ハウンドドッグや吉川晃司はよく知っていましたが、THE MODSはよく知りませんでした。
ただ、後に『マクセル』のCM曲がTHE MODSの曲だと気づくのですが。

そんな彼らが当時コピーしていて何度も耳にした曲

THE MODS 『激しい雨が』

 


いま聴いてもカッコイイ~です。

ロックバンドやるなら歌ってみたいと思ったりしました。

 

拍手[0回]


80年当時、気になるCMがTVに流れていました。

資生堂の洗顔フォーム『エクボ』のCMです。




彼女は山田由起子さん。
当時、可愛い子だと思ってはいましたが、実はこのCMの曲を歌っている子が気になっていたのです。

そこで、思い出してください
前回のあの頃、あの曲での名曲堂でのおばさんとの会話

『沢田聖子のLPあります?』と尋ねたらって話、ここで大きな出会いがあったのです。

店のおばさんは少し考えて、店内に貼ってあったポスターを指差し
『この娘?』
ポスターを見てみると可愛い娘だったが、別人だった。

『松田聖子』
と書いていてある

おばさんが『沢田聖子』LPを探している間に店内に貼ってあったポスターを見ながら

『ああ、この子が松田聖子って言うんじゃ、エクボのCM歌っとるのはこの子か~。』
と思いながら、頭の中で
『♪エクボの秘密あげたいの~』とCMの曲が流れていた。

しかも、この販促用のポスター、実物よりかなり可愛く写っていてそれも印象に残った要因であった。
ちなみに、この後、数年間(パッチリ二重になるまでの)、色々な松田聖子のポスターを見てきましたが
このポスターより可愛いく写っているのを見ることは出来ませんでした。(笑)

名曲堂のうっかりおばさん
そんなおばさんの勘違いが大きな出会いを生んだわけです。(苦笑)

松田聖子 デビュー曲 『裸足の季節』





やはり、この当時から歌は上手いですね、緊張はしてるんでしょうけど安定しています。
基本的に歌の上手い女性は好きです。(笑)

しかし、今年の松田聖子のサマーコンサートツアーは広島開催がありません・・・
実に残念で、寂しい・・・

拍手[0回]


フォークからニューミュージックに変っていった時代
一人のシンガーソングライターがデビューする。

沢田聖子

なぜ、彼女に惹かれたのかよく覚えていないが
ファーストアルバム『坂道の少女』を購入した時のことはよく覚えている

いつもなら自転車で移動するのだが
その日はあいにくの雨だった。
そんな雨の中をバスに乗ってアルバムを買いに行った。
バス停で二つ、御幸町から栄町まで、店の名前は『名曲堂』

その日は雨のせいか少し寒く
店のガラス窓は少し曇っていた。

店に入るなりおばさんに、
『沢田聖子のLPあります?』と尋ねたら
店のおばさんは少し考えて、店内に貼ってあったポスターを指差し
『この娘?』
ポスターを見てみると可愛い娘だったが、別人だった。
『ううん、ちがうよ。』
『そういやそうよね、この娘のLPはまだでてないし・・・』
『坂道の少女ってLPなんじゃけどないですか?』
『ちょっとまってね・・・(おばさん、しばらく探す)・・・これ?』
『うん、それ。』

そんなやり取りまでしっかり覚えている。


ファーストアルバム『坂道の少女』収録、セカンドシングル『シオン』




当時とは違う音源。(映像)

彼女の歌を聴いて、驚いた、当時には聴けなかった魅力的な歌声である。
今の彼女の生の歌声を聴いてみたいと本当に素直にそう思った。

拍手[0回]


先日の日曜日、

BSでつま恋コンサート総集編の再放送があったのだが

しっかり録画し忘れた・・・ 楽しみにしてたのに・・・



お目当ては『かぐ姫』



小学生の時、解散後に手に入れた『かぐや姫フォーエバー』の90分テープ

擦り切れるくらい何度も何度も繰り返し聴きました。

そして中学の時再結成

その時発売された『かぐや姫・今日(TODAY)』

これも、アルバムを買いカセットテープに録音して何度も繰り返し聴きました。

同級生のSは再結成コンサートを観に行ったらしく、

オープニングからの話をしてくれて、とてもうらやましく思った記憶があります。

そんな大好きだったかぐや姫の『かぐや姫・今日(TODAY)』の中から






『おまえが大きくなった時』


おまえが大きくなったとき

あの青い空に 白い紙飛行機が 夢をはこぶだろうか

おまえが大きくなったとき

あの枯れた大地に 咲いた名もない花が

命を 語るだろうか

ごらん あの街を 灯りが揺れてる

おまえの 暖かい この手を 握り締めれば

ああ 聞こえる 故郷の詩


おまえが大きくなったとき

このビルの谷間に

やさしい唄が 流れているだろうか

おまえが大きくなったとき

この灰色の窓辺に

沈む夕日が やすらぎをくれるだろうか

ごらん あの街を 灯りが揺れてる

おまえの 暖かい この手を 握り締めれば

ああ 聞こえる 故郷の詩


おまえが大きくなったとき

この小さな胸に 

やさしい心が 育っていくだろうか

おまえが大きくなったとき

この手のひらに

愛する心が かよいあうだろうか




一番大好きな曲です。

 

拍手[1回]


  HOME  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/30 yaz]
[05/10 nana]
[04/03 yaz]
[04/01 nana]
[03/21 yaz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
yaz
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/02/18
趣味:
音楽
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]